新しい先端形状を有したデュアルルーメンカテーテルの有用性 The efficacy of Dual-lumen catheters with a new tip shape

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

血漿交換療法の適応疾患の拡大や, 免疫吸着療法あるいは脂質吸着療法の開発, 進歩により, デュアルルーメンカテーテル (DLC) を使用する機会はますます増加している. しかし, DLCの長期留置に際し, 最も問題となるのは脱血不良である. 我々は以前よりこの脱血不良はDLCの先端形状と密接な関係があることを報告してきた. 今回, 我々が理想とするユニークな先端形状を有するDLC (Niagara<sup>TM</sup>) が開発されたので, その特性について他の3種類の異なったタイプのDLCと比較検討した. 凝血塊除去試験の結果, Niagara<sup>TM</sup>では吸引によりほぼ完全に脱血, 返血孔に形成された凝血塊を除去することが可能であった. <i>In vitro</i>における血液再循環率はすべてのカテーテルでほぼ同様であった (4%以下). また, Niagara<sup>TM</sup>はその径が太いことと挿入試験で抵抗力が大であったにもかかわらず, 実際の挿入に際しては従来のエンドホールタイプのカテーテルと異なりスタイレットを使用することで比較的容易であった. Niagara<sup>TM</sup>を使用した15症例のうち1例のみが凝血塊による脱血不良を認めた. 他の14例では定期的あるいは連続的にヘパリン製剤や他の薬剤を注入することなく良好な血流が確保され, 透析は最長37日間連続して行えた. 若干の問題点はあるものの, 現時点ではNiagara<sup>TM</sup>は最も優れたDLCであると考えられた.

The likelihood of placing Dual-lumen catheters (DLC) is increasing with the rise in the number of diseases for which plasma apheresis is efficacious and with the development of immunoadsorption and lipid adsorption. The most common problem resulting from long-term use of DLC is poor blood flow. We have previously reported that the tip shape of DLC and poor blood flow are closely related. Since the development of Niagara<sup>TM</sup>, which has a unique tip shape similar to the ideal shape, we evaluated its properties in comparison with those of three other DLCs. In a clot-removing test, Niagara<sup>TM</sup> removed clots formed in arterial and venous lumens nearly perfectly by aspiration. There was no difference in the blood recirculation rate (<i>in vitro</i>: <4%) among these DLCs. Although Niagara<sup>TM</sup> has a large diameter and exhibited high resistance during an insertion test, it could be relatively easily inserted with a stylet, unlike the standard end-hole type catheter. Of 15 cases using Niagara<sup>TM</sup>, only one exhibited poor blood flow due to clots. In the other 14 cases, there was sufficient blood flow without periodic or continuous injection of heparin or solutions into the catheter, and hemodialysis could be performed continuously for 37 days (longest). We consider Niagara<sup>TM</sup> the best DLC currently available despite a few shortcomings.

収録刊行物

  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 34(13), 1535-1541, 2001-12-01

    The Japanese Society for Dialysis Therapy

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008044210
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10432053
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403451
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ