一過性に自己抗体が出現した腸管出血性大腸菌 O157 感染後血栓性血小板減少性紫斑病 (TTP) の1例 A case of thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP) following enterohemorrhagic Escherichia coli O157 colitis caused by certain autoantibodies

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 34(13), 1561-1565, 2001-12-01

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008044278
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10432053
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13403451
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ