市中病院耳鼻咽喉科における最近のめまい統計 Statistical Observation of Vertigo and Dizziness Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1999年4月より2000年12月の1年9ヵ月間に市立吹田市民病院耳鼻咽喉科を受診しためまい症例1007例について, 市中病院におけるめまい症例の現状として, その疾患内訳を示した. 対象症例は, 良性発作性頭位めまい症 (BPPV), BPPV疑い, BPPV以外の末梢性前庭障害, 末梢前庭性以外の疾患, 未診断の5群に分類した場合, ほぼ20%ずつの頻度で等分された. BPPVは単一疾患として圧倒的に頻度が高く, 疑い例を含めると全体の約40%を占めた. その他の末梢性前庭障害では, メニエール病が最も多く, 疑い例を含めて全体の約8%であった. 市中病院ではめまい急性期の症例が多く, その鑑別が市中病院の重要な役割である. まず頻度の点からBPPV, BPPV以外の末梢性前庭障害, その他の疾患の順に鑑別診断を行うことが効率的と考えた. 急性期であればBPPVは誘発される眼振により診断され, 他の末梢性前庭障害についても眼振所見によって診断される率が高い. 一方で, 重症化する可能性のある脳血管障害・心循環器系障害等の鑑別も重要であり, まれでない. 急性期の鑑別で特に重要な脳出血・梗塞は対象症例の1.6%であった. 脳占拠性病変は1.2%であった.

Subjects visiting the Department of Otolaryngology at Suita Municipal Hospital reporting vertigo or dizziness numbered 664 women and 343 men from April 1999 to December 2000. As a city hospital, we play an important role in the diagnosis and treatment of acute vertigo or dizziness. The frequency of diagnosis of these cases was divided almost equally into 5 groups: (1) benign paroxysmal positional vertigo (BPPV) 23%; (2) suspected BPPV, 18%; (3) peripheral vestibular disorders other than BPPV, 22%; (4) disorders other than peripheral origin, 18%; and (5) undiagnosed, 19%. Based on our results, BPPV, other peripheral vestibular disorders, and disorders of other origins should be differentiated from the first screening. BPPV was most frequent and diagnosed by typical positioning nystagmus. Many other peripheral vestibular disorders were accompanied by nystagmus. It is also important to differentiate serious illnesses such as cerebrovascular disease (7%), space-occupying lesions in the posterior fossa (1.2%), and cardio-circulatory disease (3.6%).

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 104(12), 1119-1125, 2001-12-20

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008095215
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ