外リンパ瘻手術例の聴平衡機能に関する検討 Audiological and/Equilibrium Study of Perilymphatic Fistulas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

(目的) 外リンパ瘻の手術適応についてはいまだ一定の見解がなく, 手術による治療成績についての報告も少ない. 本研究の目的は, その適応, 成績について明らかにすることである.<BR>(方法と対象) 1995年3月から1999年3月までの4年間に, 兵庫医科大学耳鼻咽喉科およびその関連病院において外科的に外リンパの漏出が確認された15例 (男性11例, 女性4例, 年齢分布: 14歳~79歳, 平均46.7歳) で, 患側は右3例, 左12例である. 術前と術後6カ月以上経過したのちの症状および聴力, 平衡機能検査所見について検討した.<BR>(結果) 全例に難聴を認めた. 耳鳴は12例 (流水音耳鳴は5例) に, pop音は4例に見られた. 回転性めまいは3例, 非回転性めまいは6例に認められた. 漏出部位は, 卵円窓が9例, 正円窓が4例, その両方が1例, fissula ante fenestramが1例であった. 術後の会話域聴力が10dB以上改善したものは10例 (67%) あった. 発症後14日以内に手術を行ったもの, 術前に聴力が残存していたものは, 聴力予後が良好であった. 術後のめまい感は軽減する傾向があったが, 術前にCP, 麻痺性眼振を認めたものは術後もふらつきが残ることが多かった.<BR>(結論) 外リンパ瘻の手術時期に関して, 聴力が保存的治療で改善の見られない場合やめまい感が存在する場合には14日以内に, また進行性難聴の場合は直ちに手術を実施すべきと考えられた.

We clinically analyzed 15 cases of perilymphatic fistulas -11 caused by barotraumas and 4 idiopathicidentified by surgery between March 1995 and March 1999 at the Hyogo College of Medicine and affiliated hospitals. Subjects were 11 men and 4 women (aged 14 to 79 years (mean: 46.7 years) ).<BR>All showed hearing loss in audiography and 12 cases reported tinnitus -stream-like in 5 and poping in 4. Dysequilibrium was seen in 9 cases.<BR>Perilymph leakage was detected intraoperatively from the oval window in 9, from the round window in 4, and from both windows in 1, while another had leakage from the fissura ante fenestram.<BR>After surgery, hearing level improved by over 10 dB in 9 of the 11 cases operated on within 14 days after onset. Hearing did not improve in 3 of 4 operated on later. Vertigo disappeared after surgery. Dizziness tended to persist in those having canal paresis or paralytic nystagmus before surgery.<BR>We suggest that patients with progressive hearing loss should be operated on as soon as possible and that patients with dysequilibrium or without response to conservative treatment undergo surgery within 14 days of onset.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 104(12), 1135-1142, 2001-12-20

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008095256
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ