読みにおいて漢字に傷害の強い失語症例の下位類方とその症状形成過程 Subtypes and symptom formation process of aphasic cases demonstrating difficulty in kanji reading

この論文をさがす

著者

    • 新貝 尚子 SHINKAI Takako
    • 日本医科大学付属第二病院リハビリテーション科言語室 Department of Rehabilitation, 2nd Branch Hospital, Nippon Medical School
    • 金子 真人 KANEKO Masato
    • 都立松沢病院リハビリテーション科言語室 Department of Rehabilitation, Tokyo Metropolitan Psychiatric Matsuzawa Hospital

収録刊行物

  • 失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research

    失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research 15(1), 2-10, 1995-03-30

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008099764
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00329488
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859513
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ