"ひとつの基準(セット)への固執"について:前頭前野を中心とする梗塞例の11年間の症状の経過 On a frontal symptom "adhesion to a single standard or set" : 11 years follow up study on a patient with prefrontal infarction

この論文をさがす

著者

    • 鹿島 晴雄 KASHIMA Haruo
    • 慶應義塾大学医学部精神神経科学教室 Department of Neuropsychiatry, Keio University, School of Medicine

収録刊行物

  • 失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research

    失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research 16(2), 179-187, 1996-06-30

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008100223
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00329488
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02859513
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ