障害メカニズム別発話促進法とその適応症状:モダリティの相互作用に関する訓練効果研究 The method of speech fascilitation depending upon the disorders underlying its mechanism : the study of the training effects conserning the interaction among language modalities

この論文をさがす

著者

    • 宇野 彰 UNO Akira
    • 国立精神・神経センター精神保健研究所 National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry

収録刊行物

  • 失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research

    失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research 16(3), 227-232, 1996-09-30

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008100283
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00329488
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02859513
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ