右被殻出血の一症例における文の復唱障害 Repetition Difficulty in a Patient with Right Putaminal Hemorrhage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

右被殻出血により,失語症と左片麻痺を呈した生来右利きの一症例を報告した。症例は発症時 49歳,男性。当科初診の発症から 16ヵ月経過時の言語症状は,軽度の言語理解障害および音韻性錯語を中心とした表出面の障害であった。とくに復唱障害が著しかった。発症から 40ヵ月経過時には,表出面で自発語や音読の改善は良好であったが,復唱の際に文レベルで,助詞が他の助詞に置換される障害が認められた。この傾向は発症から 55ヵ月時も同様であった。本例の復唱障害の誤り方は,波多野(1991)の錯文法性錯語を主症状とした伝導失語例に類似していた。

    A 53-year-old right-handed man with a 55-month history of conduction aphasia and a left hemiparesis following a right putaminal hemorrhage was reported. CT scan revealed a hemorrhage area in the right putaminal and atrophy in the left sylvius sulcus. His pattern of language impairment was characterized by disturbance of repetition with preserved comprehension and word-findings. Repetition errors consisted of substitution of one postpositional word ( "joshi" ) for another. These repetition errors appeared similar to "paragrammatistic paraphasias" (as described by Hadano), but remained unchanged even after 55 months after onset.

収録刊行物

  • 失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research

    失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research 16(4), 308-313, 1996-12-30

    日本失語症学会 (現 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会)

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008100468
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00329488
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859513
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ