新造語ジャーゴンの改善・非改善例の比較 Comparison of improved and unimproved patients of neologistic jargonaphasia

この論文をさがす

著者

    • 前川 真紀 MAEKAWA Maki
    • 横浜総合病院リハビリテーション科言語室 Department of Rehabilitation, Yokohama General Hospital
    • 金子 真人 KANEKO Masato
    • 都立松沢病院リハビリテーション科言語室 Department of Rehabilitation, Tokyo Metropolitan Psychiatric Matsuzawa Hospital
    • 新貝 尚子 SHINKAI Takako
    • 日本医科大学附属第二病院リハビリテーション科言語室 Department of Rehabilitation, 2 nd Branch Hospital, Nippon Medical School

収録刊行物

  • 失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research

    失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research 16(4), 314-321, 1996-12-30

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008100479
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00329488
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859513
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ