吃音者は吃音とどのように取り組んできたか : 東京都吃音者講習会の内容の検討 Dealing with Stuttering : A Historical Overview of the Activities of the Seminar for Stutterers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東京都吃音者講習会が吃音とどのように取り組んできたかについて検討した.この講習会は,東京言友会が東京都の委託を受けて1972年から始められた.講習会は,吃音問題を(1)生きる姿勢への取り組み,(2)話し方の工夫,の2つの視点から扱ってきた.またそのプログラムは全員被助言者・全員助言者の原則により進められた.言語や心理の臨床家として,このような取り組みに対してどう協力ができるのかについて考察した.

This study reviews the activities of the Seminar for Stutterers in Tokyo. The <i>Tokyo Genyuu-kai</i> (self-help group for stutterers) started these seminars in 1972 with the sponsorship of the Tokyo Metropolitan Government. The program has dealt with the following topics: (1) coping with stuttering problems in daily life, and (2) strategies for speaking with more ease. The seminar is based on the principle that all members both give and receive training but has also discussed the ways in which speech therapists and clinical psychologists can cooperate with its self-help activities.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 17(1), 12-17, 2000-04-30

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008101728
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    5391780
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ