重度失語症者に対する補助・代替コミュニケーション(AAC)の導入 VIntroducing Augmentative and Alternative Communication (AAC) to a Severe Aphasic Patient

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コミュニケーションおよび生活全般に意欲を消失していた重度失語症者に対して補助・代替コミュニケーション(AAC)を導入した経過を報告した.いずれのAAC手段も単独での使用は不確実であったが,訓練段階に応じ複数のAAC手段を併用することで伝達に成功する機会が増えた.またその過程で発話面にも改善がみられた.生活全般に関しても,ADLの改善,関心の広がり,QOLの向上が認められた.

This study reports a therapy process introducing augmentative and alternative communication (AAC) strategies to a severe aphasic patient who lost the motivation to communicate. He could not fully utilize any single AAC strategy. By combining several AAC strategies step by step, he gradually became able to communicate successfully. At the same time his speech improved. The improvement was also seen in his ADL and QOL.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 15(1), 22-28, 1998-04-30

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008101830
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    4500209
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ