非古典型純粋失読症例の経過 Recovery Process of a Case with Non-Classical Type of Pure Alexia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非古典型純粋失読を呈した症例の7年にわたる臨床症状の経過を報告する.症例は発症時,36歳右利き男性で,左側頭後頭葉下部内側の動静脈奇形全摘出術後,右同名性半盲,失名辞失語,純粋失読,漢字の失書,短期記憶障害,情動低下を呈した.1年間のリハビリテーションにより読字・書字障害はかなりの改善を示したが,その他の障害は改善が乏しかった.7年後の再評価でも,読字・書字障害がさらに改善を示したのに対して呼称障害と記憶障害はほとんど改善せず,情動低下状態も持続した.以上の結果を文献例と関連づけて考察する.

This study reports the recovery process of a case with non-classical type of pure alexia. Following an excision of an arteriovenous malformation at the inferior medial part of the left temporo-occipital region, the patient, a 36-year-old right-handed man, developed a right homonymous hemianopsia, anomic aphasia, pure alexia, <i>kanji</i> agraphia, short-term memory disturbance, and hypo-emotionality. His reading and writing abilities improved over a 7-year period, but other impairments remained unchanged.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 15(2), 51-57, 1998-08-30

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008101850
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    4553200
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ