言語障害をもつ子どもの特別な教育的ニーズ : 開業 ST の眼 Special Educational Needs of Speech/Language Disordered Children : An Opinion of a Private Speech Therapist outside the Public School System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

らく相談室開室以来3年間に訪れた学齢期の言語障害児114名について調査した.学年は小学1年生から高校2年生にわたり,所属は普通学級,障害児学級,発達遅滞養護学校,肢体不自由養護学校の順であった.学齢期の言語障害児に対しては,言語障害の軽減・克服を学校内で教育の一貫として行っていくように,小学校のことばときこえの教室や養護学校の養護・訓練で指導がされている.しかし,所属や障害によって受け入れ児童が限られていることや,専門的な知識や技能を有する教師の不足により,言語障害児のもつ特別な教育的ニーズに十分答えられる状況にはない.<br>そこで,学校内で機会を得られなかった言語障害児が学校外に相談・指導を求めて,その一部が当室にも訪れている.学齢期の言語障害児を学校外で受け入れるには,相談時間を放課後や学校の休日に当てられるようにすることや,学校との連携が大切である.今後は,医療・福祉の現場では言語聴覚士法の制定により,有資格者が言語障害児者にあたっていくが,言語障害児者のライフステージのどの段階にあってもより良いサービスが受けられるよう,学校でも言語障害の専門家の資格制度の検討や学外の専門家の積極的受入れなどの検討が期待される.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 15(2), 65-69, 1998-08-30

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

  • <no title>

    京都市教育委員会

    平成8年度京都市の養護育成教育, 67-68, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    文部省. 盲学校

    聾学校及び養護学校教育要領 学習指導要領, 高等部学習指導要領 24, 1989

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008101884
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    4553203
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ