養護学校 (精神薄弱) におけるコミュニケーション指導 Communication Intervention in Special School for Mentally Retarded Children

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

精神発達遅滞児に対するコミュニケーション指導は,子どもが意欲をもって自律的に取り組むことが中心になると考えた.その方法として授業をグループで指導し,指導をゲーム化することを試みた.授業例としてオリエンテーリングやしりとり,身振り歌を報告した.この方法は子どもの意欲を引き出すことに成功し,またいろいろなレベルのコミュニケーション課題を導入するのも容易だった.しかし学習効果の測定はできなかった.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 15(2), 96-100, 1998-08-30

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

  • <no title>

    KAMII C.

    Young Children Reinvent. Teachers College, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    PIAGET J.

    To understand is to invent., 1973

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008101901
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    4553208
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ