命の交わりとコミュニケーション The Crossing through Being and Communication

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

先進国では,移民,難民問題を抱え,一国の中の多言語,多文化問題に長年向きあってきていた.日本でもようやく80年代に入り,「日本」が抱える多言語,多文化現象に目が向けられるようになってきた.この多言語,多文化の問題の中に,実は「言語障害」と呼ばれてきた問題も含まれる面があるのではないか.「言葉」が「わからなくなる」という問題を,狭い意味での「言語障害」としてみるだけではなく,さまざまな言語を使うことでコミュニケーションしようとしてきた人間の,多言語,多文化が引き起こす問題としてもとらえる必要があるのではないか.しかし,そういう問題意識は「日本」の中からはなかなか生まれてこなかった.なぜなのか.それにはおそらく「日本人」のもつ「日本語」のとらえ方に関係する問題があったのではないか.今一度,日本語の歴史の中で,「言語障害と治療」の問題をとらえ直し,今後何を問題にしてゆくべきかを考える.

People are crossed each other through the communication. A word is no more than one form of communication. Nevertheless, "a word", especially speaking "the right word", had been overestimated in "speech therapy". Most of the people who cannot speak "the right word" were thought of as being persons with speech and language disordered. In the 1980's, "handicapped people" who raises an objection to such a point of view appeared. They wished to stop being singled out only about "the right word". They considered expanding the power of communication important. However, people have not understood the diversity and the abundance of the communication sufficiently. Because being has an unique communication. Therefore, in this lecture, I intended to present a multilateral idea about the relation between word and communication.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 15(3), 129-133, 1998-12-30

    Japanese Association of Communication Disorders

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008101917
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    972374
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ