重症心身障害児者の AAC の意義と援助のしかたについて The Significance of AAC in Persons with Severe Motor and Intellectual Disability and How to Support

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

重症心身障害児施設に入所している重症心身障害児者(重症児者とする)に対し,より自発的な意思表出を目的に補助代替コミュニケーション(以下AAC)を導入した.その結果,彼らの生活やコミュニケーション行動に変化がみられ,AACは重症児者にとってQOLの視点から意義あるものと考えられた.しかしながら,AACの意義を実現していくためには重症児者個人の諸能力の検討だけでなく,援助する側のAACに対する知識,考え方など,重症児者をとりまく環境の面も含めた多角的,相互的視点に立った援助体制が必要と考えられた.特に施設という環境にあっては,重症児者のニーズをふまえ病棟職員を中心としたチームアプローチが重要な援助体制であると思われた.

We introduced augmentative and alternative communication (AAC) strategies to 6 persons with severe motor and intellectual disability in hospital home, to develop voluntary expression of their intention. These results were that their lives and communication behaviors varied, and AAC had many significances for their QOL. However in order to realize the significance, it was important to support the patients from the viewpoint of general and mutual system, solving the environmental problems of helper's knowledge or thought about AAC, but also to estimate each individual person's abilities. Especially in the hospital home, it was more important to make the system of team approach around the room helper accepting patient's needs.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 16(1), 40-46, 1999-04-30

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008101998
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    4768368
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ