重度失語症患者への AAC アプローチ Augmentative and Alternative Communication for Persons with Severe Aphasia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 下垣 由美子 SHIMOGAKI Yumiko
    • 東京都リハビリテーション病院リハビリテーション部 Department of Rehabilitation, Tokyo Metropolitan Rehabilitation Hospital

抄録

失語症臨床において患者のコミュニケーションの実用性が重視されるようになるなか,補助代替コミュニケーション(AAC)は注目を集めるアプローチ法のひとつである.本稿では,近年の失語症AACにおけるアプローチ指針を紹介するとともに,タイプの異なる3症例(自験例2例,文献例1例)に対するAACアプローチについてその経過と結果を報告した.またそれらを通じて,効果的なAAC介入のためには次の3つの点が重要だと考えられた.(1)患者の生活経験上の知識を生かすこと,(2)AAC手段"使用"のための訓練を行うこと,またその訓練においては,患者だけでなくコミュニケーション相手にもアプローチすること(3)ニーズを具体的に特定し,それに対応すること.また明確なニーズをもたない患者に対しては,ニーズを創出するという広い視野にたったアプローチを行うこと.

Recently, the functional communication ability is getting important in aphasia therapy. In this circumstance, augmentative and alternative communication (AAC) is recognized as one of the effective intervention strategies. In this paper, it was introduced that the direction of intervention of AAC for aphasic patients, and reported the processes and the results of AAC intervention for 3 patients who belonged to different type each other. By analyzing these 3 cases further, 3 required conditions for practical AAC intervention are indicated as followings: (1) to use the patient's knowledge through the experience of his life, (2) to train to "use" AAC strategies, and at this training, to approach for not only the patient but also the communication partner, (3) to intervene complying with patient's needs, further, creating one if he doesn't have obvious one.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 16(1), 47-54, 1999-04-30

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008102000
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    4768370
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ