進行性神経筋疾患者の補助代替コミュニケーション (AAC) Augmentative and Alternative Communication (AAC) for Patients with Progressive Neuromuscular Diseases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

進行性神経筋疾患者に対する補助代替コミュニケーション(AAC)アプローチを開発するため,日本ALS(筋萎縮性側索硬化症)協会近畿ブロックが1996年12月に実施した実態調査の159名の結果を考察した.それにより,使用しているAAC手段の種類が少なく使用頻度も低いことと,本格的な使用開始時期が人工呼吸器の装着などにより発話不能になった後と遅い,つまり,音声言語との併用期間が短いことが推測された.また,パソコン機器(意志伝達装置)の使用頻度が低いことから,機器操作訓練や運動機能低下に伴ったスイッチ更新が適切に行われていないことと,操作の一部に介助が必要となっていることが,機器使用の阻害要因として考えられた.以上のことから,早期からの非機器・機器的AAC手段の段階的導入に伴った評価・訓練と,導入後の維持支援プログラムを検討した.

To develop an AAC-oriented remedial approach for patients suffering from progressive neuromuscular diseases, the outcome of a survey conducted by the Kinki Block of the Japan Amyotrophic Lateral Sclerosis Association (JALSA) in 1996 was reviewed. The results from the 159 ALS patients indicated that the types of AAC means used were limited and the means were applied less frequently than expected. It was also found that the provision of the AAC means was carried out relatively late which resulted in a shortening of the combination phase of speech and AAC means. Regarding PC-based communication devices two factors appeared to interfere with the utilization of these devices. One was insufficient switch readjustment as the disease progresses and the other was the partial assistance required in device manipulation. Based on these findings an AAC program for this population was designed.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 16(1), 55-60, 1999-04-30

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008102016
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    4768372
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ