有意昧発語のない発達障害児に対する仮名文字を用いた言語指導 Language Therapy for a Developmentally Handicapped Nonverbal Child Utilizing Kana

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

有意味発語はないが,単音節の書取が30字近く可能な発達障害児に対して,仮名文字を手がかりにした音節分解・抽出課題を約1年半行った.その結果,単語の音節構造についての認識やその自覚化における改善が推測された.また日常生活のコミュニケーション行動でも以下の2点で改善が認められた.(1)思っている内容を,一定の意味と結びついた文字列で表現する.(2)さらには思っている内容を,一定の文字列として想起して,それを音節列に置き換えるようなやり方で,発音するようになった.他には理解語彙,聴覚的記銘力,文の理解で改善が認められた.考察では,彼の言語発達において音節分解・抽出課題の果たした役割について討論された.

This is a therapeutic report on a non-verbal boy who could write nearly 30 Japanese hirakana letters when they were orally presented. For one-and-half year, he was given training on breaking down hirakana words into syllables and extracting them. After this training, he seemed to understand the phonological structure of words. In his daily communication, he showed the following: (1) expressing his ideas by putting in sequence these letters of key words; (2) recalling auditory images of ideas into a word and attempting to pronounce each letter of that word. At the same time, he showed some improvement in understanding words and sentences, and in increasing his auditory memory span. Discussion focused upon the function of the syllabification of words in language therapy.

収録刊行物

  • 聴能言語学研究

    聴能言語学研究 16(3), 133-141, 1999-12-30

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008102083
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09128204
  • NDL 記事登録ID
    5278739
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ