自己免疫性溶血性貧血を合併した珪肺症の1例 Silicosis Associated with Autoimmune Hemolytic Anemia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は60歳, 男性. 主訴は全身倦怠感, 労作時呼吸困難, 食欲不振. 13年間採石業歴あり, 1987年に珪肺症 (管理3 (口)) と認定された. 1993年10月下旬頃より貧血を指摘. 12月初診時RBC 132×10<sup>4</sup>/μl, Hb4.8g/dlと高度の貧血を認め, 入院精査の結果自己免疫性溶血性貧血と診断し, ステロイド投与を開始したところ, 臨床症状, 検査所見ともに軽快した. 珪肺における自己免疫性疾患の合併例は多く, 三好らはこの機序につき, 本症を珪酸のアジュバント効果により発症するアジュバント病とする概念を提唱している. 珪肺に合併した自己免疫性溶血性貧血の報告は本邦7例目と稀な病態と考えられ報告した.

A 60-year-old man with pneumoconiosis complained of general fatigue, exertional dyspnea, and anorexia. The patient had severe anemia, and laboratory examination revealed autoimmune hemolytic anemia with positive direct and indirect Coombs tests. After corticosteroid therapy, the anemia resolved markedly, and the antinuclear antibody test became negative. However, the silicotic shadow on chest X-ray film showed no remarkable change.<br>The autoimmune hemolytic anemia in this case was probably due to an immunological disturbance caused by silicosis.

収録刊行物

  • 日本胸部疾患学会雑誌 = The Japanese journal of thoracic diseases

    日本胸部疾患学会雑誌 = The Japanese journal of thoracic diseases 33(11), 1297-1301, 1995-11-25

    The Japanese Respiratory Society

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008108941
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187758
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03011542
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ