分葉不全領域の隔壁構造の検討 Septal Structure of Incomplete Interlobar Fissures of the Lung

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

隣接する肺葉が分葉しているか, あるいは分葉不全であるかは, 側副換気や病変の伸展や退縮に大きく関与すると思われる. 肺葉の分葉については, 部分的なものを含めると分葉不全の症例が多いとされている. しかしながら摘出された肺標本をみるとき, 分葉不全の領域に何らかの隔壁構造が存在することが少なからず認められる. 今回我々は剖検肺において, 癒合した分葉不全の領域を組織学的に検討した. 21症例の28領域の検討で, 12領域では隔壁構造が認められる部分と, 隔壁構造が欠損している部分が混在していた. 他の16領域では, 厚いか薄いかにかかわらず何らかの隔壁構造が認められた. CTを始めとする臨床画像上, 線状影の存在が必ずしも分葉を表すとは限らないことが判明した.

We describe the anatomy of incomplete interlobar fissures with and without septal structures. Twenty-eight fused areas in specimens obtained during 21 autopsies were examined histologically. In 12 of the 28 fused areas, there was a mixture of septal structures with and without defects. In the remaining 16, there were some septal structures. Septal structures consisted of inner layers from both lobes. These results suggest that linear shadows at interlobar fissures on computed tomography do not necessarily reflect complete interlobar fissures. Assessment of incomplete interlobar fissur is important with regard to collateral ventilation and pulmonary disease processes.

収録刊行物

  • 日本胸部疾患学会雑誌 = The Japanese journal of thoracic diseases

    日本胸部疾患学会雑誌 = The Japanese journal of thoracic diseases 34(11), 1216-1220, 1996-11-25

    The Japanese Respiratory Society

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008111475
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187758
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03011542
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ