Bachmann束ペーシングの心房内伝導時間に対する効果 : 心房加算平均心電図による比較検討 Effect of bachmann's bundle pacing on intraatrial conduction time : Evaluation by P wave signal averaged electrocardiogram

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

難治性の発作性心房細動 (Paf) を予防する方法として, 両心房を同時に興奮させ, 心房内伝導時間 (TACT) を短縮させることの有用性が報告されている.我々は心房内の異なる部位でペーシングを施行した際の心房内電位記録によるTACTおよび体表面心房加算平均心電図 (P-SAECG) によるfilteredPduration (FPD) を記録し, Bachmann束 (BB) ペーシングがIACTおよびFPDに及ぼす影響を比較検討した.【対象および方法】器質的心疾患のない上室性不整脈10症例を対象とし, 右心耳 (RAA) , BB, 冠静脈洞入口部 (CSos) および遠位部 (CSd) さらに4症例ではRAA+CSdペーシングを施行した際のIACTを測定し, 同時に, FPDを計測した.【結果】IACTおよびFPDは, biatrialペーシング時に最も短縮し, singlesiteペーシングではBBペーシング時に最も短縮した.なお, 標準12誘導心電図では心房ペーシング時のP波の幅の正確な計測は困難であった.【結語】P-SAECG法を用いたFPDの測定より, 多数の心腔内電位を記録することなくIACTを最短にし得る部位の決定が可能である.

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology

    心電図 = Electrocardiology 20(6), 635-642, 2000-11-01

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008114407
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ