心筋梗塞の予後規定因子と心電図 : 加算平均心電図,T波変動解析,QT間隔解析を用いての評価 Electrocardiographic techniques in identifying patients at risk after myocardial infarction : assessment using signal-averaged electrocardiography, t-wave alternans, and QT dispersion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

急性心筋梗塞 (MD患者において, 微小心電信号であるIate potentials (LP) , Twave alternans (TWA) , QT dispersion (QTD) の予後規定因子としての有用性を評価し, TWAに関してはその発現機序についても評価した, プロトコール1: 対象は急性MI患者102例.不整脈事故 (持続性心室頻拍/細動の自然発症と定義) が, 前向きに調査された.LP, TWA, QTD (>65msec) の陽性率は, それぞれ21%, 49%, 20%であった, 平均13±6カ月の観察期間中15例 (15%) において不整脈事故が発生した, 3指標ともに不整脈事故と有意な関連性を示し, 多変量解析からTWAが最も有用と考えられた (相対危険率10.2) .TWAの感度 (93%) と陰性的中率 (98%) は高かったが, 一方で陽性的中率 (28%) は低かった.プロトコール2: 対象は運動負荷中にTWA測定を行った虚血性心疾患患者351例.負荷中にST低下 (0.1mV以上) を示した純狭心症 (AP) 群23例, ST低下 (+) MI群38例, ST低下 (-) MI群184例の3群に分類し, TWAとST低下との相関性を調査し, 健常者18例のデータとも対比させた, TWA陽1生率は純AP群と健常者との間で差はなかったが, 両MI群との比較では明らかに低かった.ST低下の有無によるMI群内での比較では差はなかった.統括: 1) 3指標とも不整脈事故の有用な予測指標であったが, 単独使用には限界があることも示された.2) TWAの出現は, 梗塞巣の存在 (虚血の重症度) と関連していることが示された.

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology

    心電図 = Electrocardiology 21(3), 293-299, 2001-05-01

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008114737
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ