P波 : 加算平均心電図によるP波,Ta波 Pand Ta waves on signal-averaged electrocardiogram

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年体表面から従来の心電計では捕捉できないμV単位の微小電位を検出しうる加算平均心電計が開発され, そのP波終末部に低電位で長く続く心房遅延電位が発作性心房細動患者で多く出現することから, これが心房細動の不整脈基質として認められてきている.さらに心房遅延電位にも程度の差があり, その程度の差をみることにより, 発作性心房細動の慢性化予測や抗不整脈薬の心房細動発作予防効果予測のみならず慢性心不全患者の心不全悪化予測をも可能になってきた.一方, P波の初期部にも同様に低電位で長く続く心房早期電位が洞不全症候群に多く認められることが最近判明した.したがって, 発作性心房細動と洞不全症候群が併存する症例ではP波の初期部にも終末部にも異常電位が認められることになる.しかし, Ta波の解析については緒についたばかりであり, 今後の発展が期待される.

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology

    心電図 = Electrocardiology 21(4), 384-391, 2001-07-25

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008115059
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ