ST-T波 : 不安定狭心症より急性心筋梗塞へ移行した症例の標準12誘導心電図の特徴 Electrocardiographic findings in patients with unstable angina evolving to acute myocardial infaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

不安定狭心症において胸痛に伴う著しいST低下やT変化を認める例は, その後急性心筋梗塞や心臓性突然死に移行する可能性が高い.しかしST部分やT波の変化は非特異的な場合も多く, 心筋虚血の検出における心電図の限界である.私たちは心筋梗塞発症前の不安定狭心症におけるST部分やT波に加えU波変化の出現誘導とその頻度について検討した.前壁梗塞へ進展した症例で有意に認められた主な所見は前壁誘導における0.1mV以上のST低下, 二相性T波, 陰性T波, 二相性U波, および陰性U波であった.一方, 下壁梗塞へ進展した症例では下壁誘導における二相性T波, T波終末部陰転, および二相性U波が有意所見であった.不安定狭心症より心筋梗塞へ移行した症例では特徴的な虚血性変化が認められていた.またこれらの虚血性変化の出現誘導によって梗塞部位の予知の可能性も示唆された.

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology

    心電図 = Electrocardiology 21(4), 416-420, 2001-07-25

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008115124
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ