若年者神経調節性失神症例の日常での自律神経活動亢進に関する検討 Augmented autonomic activity in daily life in young adult patients with neurally mediated syncope

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【目的】24時間ボルター心電図より得た心拍変動指標を用いて, 若年者神経調節性失神症例の日常の自律神経活動を測定し, 健常対照者と比較する.【方法】対象はhead-up tilt試験で診断された20歳代の神経調節性失神36例 (男性26名, 女性10名, 平均年齢24±3歳) , および年齢を一致させた健常対照者11例 (男性7名, 女性4名, 平均年齢25±2歳) で, それぞれNMS群, CTRL群とした.心拍変動指標はhead-up tilt試験施行前48時間以内に24時間ボルター心電図を用いて計測し, meanNN, SDNN, SDANN, SD index, rMSSD, pNN50, low frequency spectra, high frequency spectra, total frequency spectraを求め, 両群で比較した.【結果】meanNN, SDNN, SDANNは両群間で差は認められなかったが, 他の指標についてはすべてNMS群で有意に高値を示した (SD index, 91±32msec vs 65±11msec, p<0.05 : rMSSD, 60±31msec vs 38±11msec, p<0.05 : pNN50, 30±17% vs 14±7%, p<0.05 : low frequency spectra 35±15msec vs 26±5msec, p<0.05: high frequency spectra, 27±11msec vs 17±5msec, p<0.05 : total frequency spectra, 65±23msec vs 45±9msec, p<0.05) .【総括】20歳代の神経調節性失神症例では, 同年代の健常対照者群に比べて日常の自律神経活動が, 全般に有意に亢進していると考えられた.

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology

    心電図 = Electrocardiology 21(6), 795-799, 2001-11-01

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008115377
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ