臨床実習開始前の学生評価のための共用試験システム : CBTとOSCE A Nation-wide Medical and Dental Student Evaluation System for Entering to a Clinical Clerkship : Computer Based Testing and Objective Structured Clinical Examination

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 福島 統 FUKUSHIMA Osamu
    • 東京慈恵会医科大学医学教育研究室 Office of Educational Development,Jikei University School of Medicine

抄録

平成14年1月から臨床実習開始前の学生評価のための共用試験システムの第1回目の試行が始まった. この試験システムには, コンピュータ画面上で多肢選択問題を解答するcomputer-based testing (CBT) と客観的臨床能力試験 (OSCE) が含まれている. 学生が臨床実習に入るのに必要な能力があるかどうかを検証しようとするものである. ここでは, CBTとOSCEの概要を説明し, 今後の課題を提言する.

The first trial of nation-wide medical and dental student evaluation system has begun from this January. This system is consisted of computer-based testing (CBT) using multiple choice questions, and objective structured clinical examination (OSCE). The purpose is to measure a student's competence to learn at clinical settings. This paper mentioned about an outline of CBT and OSCE in this system, and issues to be solved in future.

収録刊行物

  • 医学教育 = Medical education

    医学教育 = Medical education 33(2), 83-87, 2002-04-25

    Japan Society for Medical Education

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008129872
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00013280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03869644
  • NDL 記事登録ID
    6129017
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ