筑波大学医学専門学群の臨床実習の試みと臨床実習のコア化の問題点 Trial of Clinical Training in Tsukuba University School of Medicine and Problems of Core Curriculum of Clinical Training

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筑波大学医学専門学群の臨床実習の特徴は, 前BSL実習, 必須実習と選択実習, 学外教育病院実習, 新医学専攻コース, エレクティブス, 海外病院実習などである. この臨床実習での主要な問題点は, 学生の中に臨床実習に対する向学心や基礎知識が不足する者がいる, 教官の中に教育の情熱や技能が不足する者がいる, などである. これらは臨床実習のコア化の問題点とも共通するものであろう.

Characteristics of clinical training of Tsukuba University School of Medicine are pre-BSL, essential and elective training, out of university clinical training, new medical science course, electives, and overseas clinical training. The main problems of this clinical training are some students have insufficient motivation or basic knowlegde for learning, and some tutors have insufficient passion or skill for teaching. These problems might be common with the problems of core curriculum of clinical training.

収録刊行物

  • 医学教育 = Medical education

    医学教育 = Medical education 33(2), 105-109, 2002-04-25

    Japan Society for Medical Education

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008129900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00013280
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03869644
  • NDL 記事登録ID
    6129110
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ