成熟マウス in vitro 脳幹標本における顎二腹筋リズム活動の誘発 Induction of Rhythmical Activity in Digastric Muscles in an in vitro Brainstem Preparation from Adult Mice

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 古田 さおり FURUTA Saori
    • 東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第一講座 The First Department of Orthodontics, Faculty of Dentistry, Tokyo Medical and Dental University

抄録

1.成熟マウスにおいて顎顔面器官との連絡を保持したまま脳幹を摘出し, この標本の外側の灌流液ならびに血管系を介して酸素とグルコースを供給することにより, 長時間にわたって顎筋にリズム活動を誘発できる<I>in vitro</I>脳幹標本を開発した。<BR>2.この標本では延髄錐体路単発電気刺激により顎二腹筋前腹に筋電図活動が誘発され, 連続刺激により顎二腹筋前腹にリズミカルな筋電図活動が誘発された。この活動は, <I>in vivo</I>標本において大脳皮質連続刺激により顎二腹筋前腹に生じた咀嚼様活動と類似していた。<BR>3.このリズムはKYN投与により消失したが, APV投与では, リズム活動の振幅の減少と頻度の低下が生じたものの, リズム活動自体は残存した。このことは, 延髄錐体路刺激によって誘発される顎二腹筋リズム活動の発生にはグルタミン酸が必須であるが, NMDA受容体を介する作用はそのリズム発生に必須ではないことを示している。<BR>4.吸啜様リズム活動の誘発にNMDA受容体を介する興奮性シナプス伝達が必須であることを考慮すると, 本研究の結果から, 吸啜から咀嚼への転換に伴い, これらのリズム活動発生に関する中枢神経機構に著しい再構成が起こっていることが示唆された。

In this study, it was attempted to induce masticatory movements in an<I>in vitro</I>brainstem-spinal cord preparation isolated together with the orofacial structure from adult mice.<BR>The preparation was perfused intra-arterially with an artificial cerebrospinal fluid (ACSF) containing dextran through a cannula fixed to the descending aorta, and was placed in a bath perfused with the ACSF. Repetitive electrical stimulation of the medullary pyramidal tract (MPT) induced rhythmic EMG activities in the digastric muscle (3.8-7.2Hz) . Bath and intra-arterial application of kynurenic acid (KYN) or D, L-2-amino-5-phosphonovaleric acid (APV) suppressed the rhythm. During application of KYN, the rhythmic EMG activity in the digastric muscle could not be induced, even though the intensity of stimulation was raised. On the other hand, during application of APV, stimulation at a higher intensity induced rhythmic EMG activities with a lower frequency and a smaller amplitude.<BR>The results showed that glutamate is involved in induction of the rhythmic EMG activities by stimulation of the MPT, and that excitatory effects via the N-methyl-D-aspaltic acid receptor is not indispensable for its induction.

収録刊行物

  • 口腔病学会雑誌

    口腔病学会雑誌 65(1), 74-83, 1998-03-31

    The Stomatological society, Japan

参考文献:  46件中 1-46件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008143165
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00302674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009149
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ