セラミックス接着の科学 Science of Ceramics Bonding

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松村 英雄 MATSUMURA Hideo
    • 長崎大学歯学部歯科補綴学第一講座 Department of Fixed Prosthodontics, Nagasaki University School of Dentistry

抄録

セラミックス修復における接着の基本操作, 機械的維持のための表面処理, 接着に寄与する化合物, 装着材料の所要性質, セラミックス修復の臨床成績などについて解説した. 焼成陶材の接着においてはフッ化水素酸によるエッチングが有効であり, 表面処理剤としてシランカップリング剤を酸性モノマーで活性化させる材料が開発されたことなどを示した. セラミックス修復の臨床成績に関する報告は装着後の破折防止に留意すべきことなどを示唆している.

This review describes a fundamental adhesive technique for seating ceramic restorations, surface preparations for mechanical interlocking, adhesive functional compounds, requirements for luting agents, and clinical performance of resin-bonded ceramic restorations. A number of reports demonstrate effectiveness of hydrofluoric acid etching for sintered porcelain as well as the use of acidic functional monomers as catalysts for silane coupling. Clinical reports suggest that care must be taken to avoid fracture of restorations in service.

収録刊行物

  • 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 46(2), 151-164, 2002-04-10

    Japan Prosthodontic Society

参考文献:  50件中 1-50件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008156780
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197911
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03895386
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ