歯質の保存をめざしたブリッジ治療 : 接着ポンティック・ブリッジの考え方と臨床 A New Fixed Partial Denture Treatment with Minimal Tooth Reduction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中島 由佳 NAKASHIMA Yuka
    • 鹿児島大学歯学部歯科補綴学第一講座 Department of Fixed Prosthodontics, Kagoshima University Dental School
    • 南 弘之 MINAMI Hiroyuki
    • 鹿児島大学歯学部歯科補綴学第一講座 Department of Fixed Prosthodontics, Kagoshima University Dental School
    • 鬼塚 雅 ONIZUKA Tadashi
    • 鹿児島大学歯学部歯科補綴学第一講座 Department of Fixed Prosthodontics, Kagoshima University Dental School
    • 田中 卓男 TANAKA Takuo
    • 鹿児島大学歯学部歯科補綴学第一講座 Department of Fixed Prosthodontics, Kagoshima University Dental School

抄録

従来のクラウン・ブリッジ修復では、修復物の維持力確保や審美性向上のために多量の健全歯質の削除や便宜的な抜髄が安易に行われてきた。しかしながら、最近の修復物の予後調査によると、健全な歯質や歯髄をできるだけ保存することが、二次カリエスの抑制や歯根破折の防止などに有効であり、ひいては修復歯の延命にとってきわめて重要であることがわかってきた。このため、従来型補綴物に比べると、歯質の削除量を大幅に削減することのできる接着性補綴物が、再び注目を集めている。<BR>本稿では、健全歯を対象とすることが多いブリッジ修復において、歯質保存に効果的な修復法として臨床的評価が高まりつつある接着ブリッジや接着嵌合ブリッジの現況を述べるとともに、エナメル質の削除をほとんど必要としない術式として期待されている接着ポンティック・ブリッジの臨床術式と今後の課題について説明した。

In conventional prosthodontic treatment, large quantity of tooth reduction is necessary to achieve sufficient retention and esthetics for fixed prostheses and even removal of dental pulp is accepted. However, last research on prognoses of dental restoration revealed that the conservation of tooth substrate, especially enamel is considered to be essential for the elongation of life piriods of restored teeth. In the prosthodontic treatment with intact teeth, application of adhesion-fixed prostheses which could minimize amount of loss of tissues is desirable.<BR>In this article, the clinical evaluation of the treatment applied adhesion or adhesion-mechanically retained bridge which is the effective method for conservation of tooth substrate in the case of fixed partial denture with intact abutment teeth was described. Furthermore, the practice and problems of adhesion pontic bridge, new fixed prosthodontic appliance which does not require removal of enamel so much were described.

収録刊行物

  • 接着歯学 = Adhesive dentistry

    接着歯学 = Adhesive dentistry 16(2), 76-81, 1998-06-10

    Japan Society for Adhesive Dentistry

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008176895
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10044236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131655
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ