破折を起こさない支台築造を考察する : 既製根管ポストと歯根の破折について How to Prevent Root Fracture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来から歯根象牙質と同じ弾性係数を持つ既製根管ポスト、コア材料で支台築造した歯牙は、負荷に対して破折が少ないことが予測されてはいたが、実験的に確かめることは困難であった。<BR>今回、牛歯象牙質からφ2mm、長さ20mmの象牙質既製根管ポスト、およびコアを削り出し、「スーパーボンドC&B」で牛歯歯根に接着することで一体化した歯牙を作製し、破折試験を行った。なお対象としてスチール製の既製根管ポストを使用した試料を用いた。この結果、スチール製の既製根管ポストによる築造体では、全ての試料で歯根部に破折が見られた。破折線はポスト先端相当部とマージンの間に生じていた。これに対して、牛歯象牙質ポストを使用して支台築造を行った試料には歯根部に破折を起こしたものは一本もなかった。このことから歯根部象牙質と同じ弾性係数のもので支台築造する事で歯根の破折が少なくなることが示唆された。

This study compared the in vitro performance and the failure characteristics of the prefabricated bovine dentin post, bovine dentin core combinations with steel prefabricated post, bovine dentin core combinations. Using grinding bovine tooth in diameter 6mm, length 12mm by engine lathe with bovine dentin post in diameter 2mm, leagth 20mm, and same tooth with steel prefabricated post, bovine dentin core were then tested to failure with an obliquely applied compressive load at 60 degrees in a testing machine.<BR>The mean stress values at failure (kgf) with standard deviations for specimens restored with dentine post is 224 (38. 9), specimens restored with steel post 228. 8 (48. 7). The teeth restored with dentine post has no fractures were observed. One to two cracks, fractures were observed at the teeth restored with steel post. This result suggest that bovine dentine post that has same elastic modulus of root makes the stress distribution uniformly to root.

収録刊行物

  • 接着歯学 = Adhesive dentistry

    接着歯学 = Adhesive dentistry 16(2), 88-95, 1998-06-10

    Japan Society for Adhesive Dentistry

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008176920
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10044236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131655
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ