新規緑内障治療薬ラタノプロスト(キサラタン^<【○!R】>)の薬理作用 Pharmacological profiles of latanoprost (Xalatan^<TM>), a novel anti-glaucoma drug

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ラタノプロストは17位にフェニル基を導入することにより,プロスタグランジンFP受容体への選択性を向上させ,プロスタグランジンF<SUB>2α</SUB>(PGF<SUB>2α</SUB>)の持つ眼圧下降作用と眼局所における副作用を分離したPGF<SUB>2α</SUB>誘導体である.ラタノプロストはPGF<SUB>2α</SUB>と同程度に強力なFP受容体作動薬であるが,FP受容体に対する選択性はPGF<SUB>2α</SUB>より高かった.ラタノプロスト2.5μgを高眼圧サルに点眼すると持続的な眼圧下降が認められ,その程度はイソプロピルウノプロストン60μgと比較して大きかった.ラタノプロストの眼圧下降作用はウサギあるいはネコでは認められず,これはラタノプロストのFP受容体への高い選択性と眼局所に存在するプロスタグランジン受容体サブタイプの違いに起因するものと思われた.ラタノプロストはサルにおいて房水産生量および線維柱帯流出量に影響を与えること無く,ぶどう膜強膜流出量のみを増加させた.このぶどう膜強膜流出量の増大は主に細胞外マトリックスの減少によるものと思われた.また,眼圧下降作用以外に血流改善作用および神経保護作用がラタノプロストの抗緑内障効果に寄与している可能性が示唆されている.ラタノプロストには眼刺激作用が認められず,結膜充血作用は極めて軽度であった.ラタノプロストは原発開放隅角緑内障あるいは高眼圧症患者においても1日1回点眼でマレイン酸チモロールよりも優れた持続的な眼圧下降作用を示した.また,ヒトにおける房水動態の検討でも,ぶどう膜強膜流出量のみが増大した.以上の様に,前臨床薬理試験で示されたラタノプロストのぶどう膜強膜流出量の増大作用に基づく眼圧下降作用が,臨床試験においても明らかに立証された.

Latanoprost is a novel prostaglandin F<SUB>2α</SUB> (PGF<SUB>2α</SUB>) derivative. Topically applied latanoprost into the glaucomatous monkey eyes lowered intraocular pressure (IOP). Latanoprost, however, failed to produce the hypotensive effect in either rabbit or cat eyes. This species difference may be attributed to its high selectivity for the FP receptor and differences in prostaglandin receptor subtypes existed in the eye amongst these species. In ligand binding studies with bovine corpus luteum cell membranes, the K<SUB>d</SUB> value for the FP receptor of latanoprost was the same as that for PGF<SUB>2α</SUB>, 2.8 nM. Latanoprost augmented uveoscleral outflow (Uv) in monkeys without affecting trabecular outflow or outflow facility like PGF<SUB>2α</SUB>. Although the precise mechanism of the increase in Uv is not fully understood, it is suggested that a decrease in extracellular matrix components in ciliary muscle may contribute to the increase in Uv. On the other hand, an increase in blood flow at the optic nerve head and neuroprotective action in addition to the IOP lowering effect may contribute to the efficacy of latanoprost in glaucoma therapy. Only tolerable conjunctival hyperemia was seen in rabbits. A phase III clinical trial revealed latanoprost (0.005%) once daily produced sustained reduction of IOP in ocular hypertension or primary open-angle glaucoma patients to a greater extent than timolol did. Furthermore, the effects of latanoprost on aqueous humor dynamics in normal human volunteers were similar to those in monkeys, indicating that latanoprost lowers IOP by the increase in Uv in humans.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 115(5), 280-286, 2000-05-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180456
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5373244
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ