交感神経伝達物質としてのATPの作用機構 : 摘出血管実験からの考察 ATP as a periarterial sympathetic transmitter in isolated vessel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

末梢血管の調整に最も濃厚に関与しているのは交感神経であることに異論はないであろう.血管周囲神経の電気刺激(PNS)によって遊離される化学伝達物質に関する研究は膨大である.現在ではノルアドレナリン(NA),ATP,ニューロペプチドY(NPY)の3物質が代表といえる.筆者らは摘出血管の潅流法(カニューレ挿入法)を用い,イヌ脾動脈標本でPNSを行うと,比較的容易に二峰性の血管収縮反応を引き起こすことを見い出した.この二峰性の反応の機序を明らかにするための薬理学的分析を進めてゆく過程で,PNSによるプリン作動性反応の性格がかなり解明された.すなわち,(1)第1峰は主にP2X受容体を介するプリン作動性であり,第2峰は主にα1受容体を介するアドレナリン作動性であること,(2)少量のテトロドトキシン(TTX)やグアネチジンは第2峰のみを選択的に抑制すること,(3)イミプラミンは第2峰のみを増強すること,(4)prejunctionalなα<SUB>2</SUB>受容体の遮断はNAだけでなくATP遊離も増強すること,(5)prejunctional P<SUB>1</SUB>(A<SUB>1</SUB>)受容体活性化はATPだけでなくNA遊離も抑制すること,(6)冷所保存血管はまず第1峰反応を選択的に抑制すること,(7)ωコノトキシン(ω-CTX)は両峰を共に抑制することなどである.この他に第1峰のみを誘発できる電気刺激条件を見い出し,その条件でのプリン作動性反応の作用様式についても記して,血管調節末梢神経機構に関与するプリン作動性要素の理解に役立たせたいと考えている.

Double-peaked vasoconstrictor responses to periarterial nerve electrical stimulation (PNS) were readily induced in the condition of 30-s trains of pulses in isolated, perfused canine splenic artery, using the cannula insertion technique. P2X Prinoceptors have been shown to be involved mainly in the 1st peak response and α1-adrenoceptors mostly in the 2nd one. A small dose of TTX did not affect the 1st peak, but strongly inhibited the 2nd one, although larger doses of TTX diminished either the 1st or 2nd response. A small dose of guanethidine also inhibited only the 2nd one. The 1st one was inhibited by prolonged cold storage of the vessel. On the other hand, ωCT produced parallel inhibitory effects on the 1st and 2nd peaked responses. A low pulse number of ES only caused the release of purinergic transmitters from sympathetic nerve terminals. The possible role as a transmitter of ATP is discussed in periarterial symphathetic transmission.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(2), 85-92, 2000-08-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  41件中 1-41件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180684
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5418649
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ