核内レセプターを介した情報伝達機構 Nuclear receptor-mediated signaling pathway

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加藤 茂明 KATO Shigeaki
    • 東京大学分子細胞生物学研究所 Institute of Molecular and Cellular Biosciences, The University of Tokyo

抄録

脂溶性ビタミンA.D,ステロイド,甲状腺ホルモン,エイコサノイド等の低分子量脂溶性生理活性物質は,核内レセプターのリガンドとして働くことが知られている.核内レセプターは1つの遺伝子スーパーファミリーを形成するリガンド誘導性転写制御因子である.そのためこれらリガンドの生理作用は,核内レセプターを介した遺伝子発現調節により,その作用を発揮する.核内レセプターは,リガンド結合に伴い転写共役制御因子(コリプリッサー)の解離と転写共役活性化因子(コアクチベーター)の会合が起こる.これら転写共役因子群は複合体を形成しており,クロマチン上のヒストンのアセチル化を制御することで,リガンド依存的に転写を制御する.これら最近の動向を概観するとともに,我々の知見についても述べたい.

Nuclear receptors for steroid/thyroid hormones, vitamins A and D, and fat-soluble ligands form a gene superfamily of ligand-inducible transaction factors, which plays important roles in a wide spectrum of biological events by regulating the expression of a set of target genes. DNA-bound nuclear receptors control transcription in a ligand-binding dependent way in cooperation with a multiprotein complex containing RNA polymerase II and a series of auxillary factors, TFILA, B, D, E, F and H. During the process of ligand-induced transactivation by nuclear receptors, nuclear cofactors interacting with AF-1 and AF-2 seem to be involved. Several transcriptional co-activators and co-repressors forming coactivator complexes have been recently identified, and their function is discussed.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(3), 133-140, 2000-09-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180830
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5457045
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ