骨・軟骨の再生及び形成促進は可能か? Repair and formation of cartilage and bone: Are they possible?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

骨や軟骨は,他の臓器に比して再生能力の乏しい組織である.従って,加齢に伴う代謝機能の破綻や組織の変性,欠損に基づくこれら硬組織の機能異常は,高齢者のQOLに多大な影響を与えることになる.より具体的にいえば,骨粗鬆症と変形性関節炎あるいはリウマチ性関節炎などが,高齢者の行動を著しく制限することになる.これらを解決するためには,骨・軟骨の分化・再生に関する詳細な知識が必要になる.近年の分子生物学および発生生物学の進歩により,軟骨細胞や骨芽細胞の分化に関する知識が集積し,分子レベルでこれらを理解することも可能に成りつつある.本稿では,軟骨分化の調節に関する現在の知見ならびにこれを応用した軟骨欠損部の再生治療の可能性について,また,骨の再生・修復あるいは骨形成に関しては,骨折の治癒や骨の欠損部の再生促進のためのBMPの応用や,骨形成を特異的に刺激する方法論の有無など,基礎知識の現状と治療薬の可能性などについて展望してみたい.

Osteoporosis and osteoarthritis cause serious problems to the mobility, and therefore to the quality of life, of aged people. This is due to the fact that both diseases result from irreversible loss of quality or function of the tissues; i.e., bone and articular cartilage. Recent progress in molecular biology and developmental biology, however, have contributed a great deal to our understanding of the mechanisms regulating growth and differentiation of osteoblasts and chondrocytes, the cells responsible for producing bone and cartilage, respectively. In vivo studies using animals including humans also shed light on the mechanism underlying these biological events as well as diseases and provide ideas for possible interventions for treating these disease states. This review will deal with these new developments in the field and discuss possibility to develop new potential strategies for treating patients with those disorders.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(3), 141-148, 2000-09-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180854
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5457073
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ