薬理ゲノミクスの新しい展開 A new approach to pharmacogenomics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

21世紀の医療はEvidence based medicine, Tailor(Custom) made medicine, Personalized medicineなどといわれているが,別の表現をすれば"Right drug toright patient at right time by right dose"というように個々の患者に最適の薬を提供できる医療でもある.薬理ゲノミクスは全解明されつつあるゲノムの情報を基に,薬に対する種々の生理現象をより本質的に解明できる有効な手段であり,21世紀の医療・創薬に大きなインパクトを与えると予測される.それらを大別すると以下の3つが想定される.後に詳述するが第1には短期的インパクトで,既存薬および開発後期段階の化合物の副作用を低減したり薬効を高めるためのアプローチである.第2は中期的なインパクトで,開発初期段階において薬効に関連した遺伝子の転写調節(プロモーター)領域やコード領域を調べておくことで,質の高い臨床試験をデザインしようというものである.第3のインパクトは長期的なもので,疾患感受性遺伝子群から創薬ターゲットを見出しスクリーニングすることから始まる.これはゲノム創薬といわれる新しいアプローチで,多分野において芽生えている新技術の価値をいかに早く評価・融合して研究戦略に組み込めるかという「Systematic (Integrated) approach」とも言える.今後,疾患感受性遺伝子の同定における国際的な競争は激化することが予想され,SNPs解析の応用,薬理プロテオミクスの効率化と構造ゲノム科学の融合は,薬理ゲノミクスの一つの重要な焦点になるであろう.

The medicine in the 21st century will be so called "evidence based medicine" or "personalized medicine, " based on the principle of "right drug to right patient." Pharmacogenomics covers the entire spectrum of genes that determines drug behavior and sensitivity, and we anticipate it will bring major impact on the healthcare system as well as the drug discovery process in the near future. Three waves of genomic impact are predicted to arise as follows: The first wave will hit on existing drugs and late-phase development candidates within the next 2-3 years, aiming to minimize the risks in clinical trials (adverse events, resistance, etc.). The wave will then affect the candidate selection process in the early pre-development stage, and finally the disease gene finding to target discovery process. The driving force will be technologies such as SNPs database, differential gene expression (DGE) analysis, proteomics, serial analysis of gene expression (SAGE) and bioinformatics. This new approach of genomic discovery (so called "integrated approach") requires knowledge on how to implement and integrate new valuable technologies from an early stage of the discovery process. The implication of SNPs, high throughput proteomics and application of structural genomics will be the key issues in the pharmacogenomics era.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(3), 149-157, 2000-09-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180878
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5457090
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ