各分野からの薬理学教育に対する提言 : 時代潮流の変化の中にあって Proposals for innovative pharmacology education from the perspective of several fields : in response to rapidly changing times

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本薬理学会では第67回年会(1994年)以来,薬理学教育全般をテーマとしたシンポジウムは行われていない.現今,薬理学をとりまく環境は大きく変化している.第73回年会ではこうした状況を踏まえ,企画教育委員会が中心となって,薬理学教育の現在の問題点と今後のあり方についてシンポジウムを企画し実施した.薬理学を含めライフサイエンス分野の研究の手法とストラテジーは最近急速な変化を遂げつつあり,学問分野の境界も不鮮明になってきている."薬理学とは何?これからどういう位置づけになる?"という当惑あるいは不透明感を,薬理学を対象としてきた研究者や教育者が否応なく今日意識しているに違いない.本シンポジウムでは基礎医学(生化学),臨床医学(病院内科),病院薬剤部,製薬企業,行政(厚生省)といった5分野の識者から,これからの薬理学教育に対する提言をしていただいた.5人の演者の講演内容を振り返ってみると,どの分野からも実用的薬理学教育の必要性が提起された.医学部の教育にあっては,診断面偏重からもっと治療面を重視していくべきである.薬物療法を高度化するため薬理学と臨床薬理学の教育を充実すべきである.また医師国家試験科目に薬理学を加える必要がある.薬学部の教育にあっては,医療チームの一員として責任をもって医薬品の適正使用を引き受けられる資質を備えた薬剤師の育成が時代の要請である.また新薬創製を進める製薬企業の研究に従事する者のためには,世界に新薬を提供できる力のついてきたわが国の創薬技術を担えるよう,狭い枠から脱却した新しい感覚の薬理学教育が要望された.ともあれ21世紀を迎えるにあたり,薬理学教育には沢山の課題が山積しており,どの学部も同じ内容とスタイルの薬理学教育は時代的限界に来ている可能性があり,このシンポジウムを機にこうした教育面の論議が今後盛んになっていくことを期待したい.

The Japanese Pharmacological Society has not given a symposium to discuss the topic of overall pharmacology education since 1994 (the 67th Annual Meeting). Thereafter, we have been witnessing great changes in the environment surrounding pharmacology, where scientific advances in life science have made boundaries between the various life sciences ambiguous and have brought the following questions before us: what is pharmacology and what should it be? Considering the situation, the Committee of Education of the Society organized a symposium on pharmacology education at the 73rd Annual Meeting in 2000, which will discuss current problems encountered in pharmacology education today and what pharmacology education should be hereafter. The symposists consisted of five people with backgrounds in basic medicine (biochemistry), clinical medicine (internal medicine), hospital pharmacy, pharmaceutical industry and administration (the Ministry of Health and Welfare). They unanimously emphasized that education of pharmacology should be reformed profoundly so as to contribute to a greater degree to professional medical services and new drug development as well as to basic science and meet the needs of the new era. We hope this symposium will trigger a further discussion on pharmacology education for the future.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(3), 163-170, 2000-09-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

  • <no title>

    林春雄著

    薬理学, 1918

    被引用文献1件

  • <no title>

    福田得志著

    薬理学講本, 1951

    被引用文献1件

  • <no title>

    田中潔編

    現代の薬理学, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    遠藤仁編

    医系薬理学, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    田中千賀子編

    NEW薬理学, 1996

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180901
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5459483
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ