速効短時間型血糖降下薬ナテグリニド(ファスティック^<【○!R】>,スターシス^<【○!R】>)の薬効薬理 Pharmacological properties of Nateglinide, rapid-onset/short-duration insulinotropic agent, in the treatment of Type 2 diabetes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 池上 孝雄 IKENOUE Takao
    • 味の素株式会社医薬研究所創薬研究所 Discovery Research Laboratories, Pharmaceutical Research Laboratories, Ajinomoto Co., Inc.
    • 近藤 信雄 KONDO Nobuo
    • 味の素株式会社医薬研究所創薬研究所 Discovery Research Laboratories, Pharmaceutical Research Laboratories, Ajinomoto Co., Inc.

抄録

膵β細胞におけるインスリン分泌不全は,インスリン抵抗性と並んで2型糖尿病の成因となる主要な障害である.特に食事摂取に対応した急峻なインスリン分泌反応-初期インスリン分泌-の欠失は病態発症の早期から顕著であり,結果として食後高血糖を呈する.糖尿病患者に強化インスリン療法を施行した近年の大規模臨床試験は,糖尿病性合併症の発症予防・進展阻止のためには,空腹時高血糖のみならず食後高血糖の是正も含めた厳格な血糖コントロールが重要であることを明らかにした.しかし,既存のインスリン分泌促進薬(スルフォニル尿素(SU)剤)は,主として空腹時高血糖の低下に寄与するものであり,食後血糖の制御は充分ではない.この食後高血糖を是正する新たなインスリン分泌促進薬としてナテグリニド(ファスティック®,スターシス®)が登場した.本剤はSU骨格を有さないにもかかわらず,SU剤と同様に膵β細胞膜上のSU受容体に結合し,作用を発現する.in vitro作用機序の類似性とは対照的に,イヌにおける血糖降下のパターンは,SU剤に比して速効かつ短時間であった.さらにラットにおいて,ヒトの摂食習慣を模倣した6時間間隔2回の糖負荷による血糖上昇をいずれも抑制し得た(SU剤では抑制不可能).臨床試験においては,ナテグリニド30,60,90,120mgの1日3回,12週間投与によって2型糖尿病患者の食後血糖推移が用量依存的に改善し,初期インスリン分泌反応も回復した.加えて,空腹時血糖値,HbAlc値の低下も認められた.ナテグリニドはその作用の速効性・短時間性ゆえに,2型糖尿病患者で減弱した初期インスリン分泌を補完し,毎食後の血糖上昇を抑制する.生理的インスリン分泌の再現によって良好な血糖コントロールを実現する新たな手段として,臨床での活躍が期待される.

An early defect in Type 2 diabetes is the loss of acute insulin release after food intake, which causes prolonged elevation of postprandial glucose levels. Suppressing postprandial hyperglycemia is considered to be very important for preventing diabetic complications. Sulfonylureas are well-known insulin secretagogues and have been widely used in the treatment of Type 2 diabetes. These agents, however, do not appear to be able to ameliorate impairment of the first phase of insulin secretion and postprandial hyperglycemia. Nateglinide, which is a derivative of D-phenylalanine, is a non-sulfonylurea insulin secretagogue. Although the in vitro insulin-releasing effect of nateglinide is similar to that of sulfonylureas, its hypoglycemic effect is more rapid and short lasting. The in vivo unique pharmacodynamic profile of nateglinide is likely to result from its rapid absorption and elimination. This novel antidiabetic agent has made it possible to compensate for the impaired first phase insulin response and thus suppresses postprandial hyperglycemia. In clinical trials, nateglinide reduced prandial glucose excursion and improved early phase of insulin release dose-dependently after 12 weeks treatment. Nateglinide is a highly physiologic mealtime glucose regulator, which rapidly increases insulin secretion when taken before meals, mimicking early-phase insulin release lost in patients with Type 2 diabetes.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(3), 171-180, 2000-09-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  36件中 1-36件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180907
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5459511
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ