末梢組織での無麻酔・無拘束マイクロダイアリシス法 Peripheral tissue microdialysis technique in unrestrained, conscious animals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マイクロダイアリシス法は,微小透析プローブの一部に備えられた半透膜を介して単純拡散により膜内部に移行してきた物質を連続的に回収する方法である.本稿では,末梢臓器・組織でのマイクロダイアリシス法,特に我々が開発してきた無麻酔・無拘束下での検討について概説する.末梢臓器・組織での検討は,主に肝臓,皮下組織,眼球および血中の4部位に関して行なってきた,血中薬物動態の検討には,2種類の微小透析プローブを作成し,連続的にかつ長時間の検討を可能にしてきた.また,同時に,プローブから直接静脈内に薬物投与が行なえるように薬物注入用チューブを備えた物も開発し,プローブ留置後は実験動物に全く触れることなく薬物の投与および血中薬物動態の検討を可能にした.一方,末梢臓器用のプローブを用いた検討では,これまで,各時点で屠殺しなければならず,連続的な検討が困難であった1個体での臓器内薬物動態の検討を,無麻酔・無拘束下で長時間連続的に検討することを可能にした.さらに,末梢臓器用のプローブに若干の修飾を加え,眼球内への薬物移行性に関する検討も行なった.紙面の都合上詳細なデータは割愛し,本稿では主に実験の手技に関して述べる.

The microdialysis procedure had been developed in the past 2 to 3 decades to determine levels of drug and endogenous compounds in several organs under physiological conditions. Advantages of microdialysis include: minimal stress on the experimental animals; studies may be done in unrestrained, conscious animals, and multiple determination can be made without concern for excess blood loss from small animals; and measurements can be made of drug and/or metabolites at multiple sites in the animal. By employing the microdialysis technique, I developed the method of multiple sampling for a long term period from an animal under the freely moving condition. In addition, I developed a novel microdialysis probe that was applied to several peripheral tissues and/or organs. In this paper, I will describe the fundamental procedure for peripheral tissues and/or organs such as the jugular vein and liver, using subcutaneous and ocular microdialysis sampling in unrestrained, conscious animals.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(3), 181-187, 2000-09-01

    公益社団法人 日本薬理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180944
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5459527
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ