一塩基多型(SNP)の各種解析法とその薬理ゲノミックスへの応用 High-throughput techniques for analyzing SNPs and application of SNPs to pharmacogenomics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田上 昭人 TANOUE Akito
    • 国立小児病院小児医療研究センター小児薬理研究部 Division of Pediatric Pharmacology, National Children's Medical Research Center

抄録

ヒトゲノム計画の進展により,診断から薬の創薬まですべての過程は大きく影響を受け,近い将来には"ありふれた病気"に対しても患者の遺伝的体質に合わせた処方,治療が可能となる.このゲノム情報・技術をもとに患者各人に個別至適化した"テーラーメイド医療"を現実化するために,薬理ゲノミックスは,有用となる.薬理ゲノミックスの具体的方法論としてsingle nucleotide polymorphism (SNP,一塩基多型),特に,薬物応答性に関する遺伝子のSNPが重要となり,その解析法が開発されつつある.現在,SNP解析に用いられている高感度・高速度の解析法について紹介する.

Progress in the human genome project can contribute to molecular diagnosis of various diseases and development of novel treatments. The next logical step for human genetics is the exploration and elucidation of genes involved in differential pharmacological response. An understanding of the role that genes have in pharmacological response is the cornerstone of personalized medicine. The pharmacogenomics approach is necessary and useful for this purpose. This article introduces these concepts to provide a context for the use of SNPs in pharmacogenomics and high-throughput techniques to analyze them.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(3), 189-196, 2000-09-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180951
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5459572
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ