新規ビンカルカロイド系抗癌薬酒石酸ビノレルビン(Navelbine【encircled R】)の抗腫瘍作用の特徴 Properties of antitumor activity of vinorelbine tartrate, a new vinca alkaloid antitumor agent

この論文をさがす

著者

    • 金澤 純二 KANAZAWA Junji
    • 協和発酵工業株式会社医薬総合研究所 Pharmaceutical Research Institute, Pharmaceuticals Company, Kyowa Hakko Kogyo Co., Ltd.
    • 森本 眞 MORIMOTO Makoto
    • 協和発酵工業株式会社医薬カンパニー医薬開発本部医薬開発センター Pharmaceutical Research & Development Center, Pharmaceutical Company, Kyowa Hakko Kogyo Co., Ltd.
    • 大森 健守 OHMORI Kenji
    • 協和発酵工業株式会社医薬総合研究所 Pharmaceutical Research Institute, Pharmaceuticals Company, Kyowa Hakko Kogyo Co., Ltd.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(4), 225-231, 2000-10-01

    日本薬理学会

参考文献:  50件中 1-50件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008181000
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5503629
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ