トランスクリプトーム解析と薬理ゲノミクス Transcriptome analysis and pharmacogenomics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 利男 TANAKA Toshio
    • 三重大学医学部薬理学教室 Department of Molecular and Cellular Pharmacology, Mie University School of Medicine

抄録

ゲノムプロジェクトの成果を基盤としたゲノムサイエンスは,医学生物学全般に大きなインパクトを与えただけではなく,薬理学の研究戦略においても,極めて短期間にパラダイムシフトを起こした.すなわち薬理ゲノミクス (pharmacogenomics, 薬理ゲノム科学) の誕生である.薬理ゲノミクスとは,ゲノムシークエンス後の遺伝子多型 (ゲノム),遺伝子発現プロファイル (トランスクリプトーム), プロテオームにおける包括的解析を基礎に,ヒトゲノム上の新しい創薬標的を効率良く探索し,ターゲットバリデーション (target validation) を可能にするだけではなく,患者個人の遺伝子多型情報に基づいた至適薬物療法を実現するものである.さらに,薬物応答性や副作用をゲノムレベルで解明し,予測を可能にすることも目的とする.本稿では,主に薬理ゲノミクスにおけるトランスクリプトーム解析の役割と実際について,我々の技術と新規創薬ターゲット探索における成果を中心に解説を試みる.特に,蛍光ディファレンシャルディスブレイとマイクロアレイ (DNAチップ) について,それぞれの特徴について比較を試み,目的に応じて使い分ける必要性を示す.

Pharmacogenomics is defined as identification of loci which are involved in determining the responsiveness and distinguishing responders and non-responders to a given drug. Genome sequensing, transcriptome and proteome analysis are of particular significance in pharmacogenomics. Sequencing is used to locate polymorphisms, and monitoring of gene expression can provide clues about the genomic response to disease and treatment. The transcriptome analysis can be done by methods of random cDNA sequencing (expressed sequence tag project, body map project, serial analysis of gene expression, etc.), mRNA display (differential display, fluorescent differential display, RNA arbitraly primed PCR, molecular indexing, gene expression fingerprinting, etc.) and differential hybridization (cDNA high density filter, cDNA microarray, oligomicrochip, etc.). We describe the principle and application of trancriptome analysis in pharmacogenomics, especially differential display and cDNA microarray. We used transcriptome analysis to identify therapeutic target genes by studying the change of gene expression in animal models of oxidative stress and hypoxia and found novel drug target candidates through this pharmacogenomic strategy.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(4), 241-246, 2000-10-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008181104
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5503717
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ