抗凝固薬 New anticoagulants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新しい抗血栓薬の開発は,臨床ニーズの高まりと血栓症発症機序の解明を基盤として,遺伝子工学技術の発展とともに展開してきた.抗凝固薬としては,ワーファリンとヘパリンが種々の血栓塞栓性疾患に従来から繁用されており,その有用性は確立している.しかし前者は治療域が狭く用量依存性に個人差が大きく,薬物相互作用や食事の影響を受けやすいなどの問題点が指摘されている.また後者は,治療域が狭く出血の危険性が高く,効果発現が血中アンチトロンビンIII濃度に依存することや抗体産生による血小板減少症惹起などの問題点が指摘されている.したがってこれらの薬薬を使用する場合には,重篤な出血性の副作用を回避するため,凝血学的検査により抗凝固能をモニターすることが必要とされている.近年,これらの問題点を克服すべく新しい抗凝固薬の開発が行われている.これらには,トロンビン,Xa因子,IXa因子,VIIa因子/組織因子の阻害薬,あるいはプロテインC抗凝固経路の充進薬が挙げられ,静注薬のトロンビン阻害薬,トロンボモジュリン,プロテインCおよび活性化プロテインCはすでに上市あるいは臨床試験段階にある.また,経口薬のトロンビン阻害薬やXa阻害薬は現在臨床試験段階にあり,近い将来,ワーファリンに代わる血栓塞栓性疾患の治療薬として登場してくるであろう.この目標に向って,高い経口吸収性を示す化合物の探索競争が熾烈をきわめている.近い将来これらの薬薬の登場により,各種血栓症に対する抗凝固療法も大きく様変わりしていくことであろう.

The quest to develop new antithrombotic agents has been stimulated by clinical needs and by advances in biotechnology that have made it possible to produce drugs that target specific steps in thrombogenesis. Established anticoagulants such as unfractionated heparin and the coumarins are effective, but have two major limitations: narrow therapeutic windows and highly unpredictable dose-response relationships. Consequently, these drugs often cause complications such as serious bleeding that require close monitoring of their use by laboratory tests to balance safety and effect. These limitations provided the impetus for the development of new anticoagulants that inactivate thrombin, factor Xa, factor IXa or the factor VIIa/tissue factor complex. Similarly, agents that enhance the protein C anticoagulant pathway have also been developed. Of these, direct thrombin inhibitors, soluble thrombomodulin, protein C, and activated protein C have been evaluated clinically for parenteral administration. However, there is enormous interest in the development of safer and more effective oral anticoagulants. In the future, such orally active direct inhibitors of thrombin and factor Xa, if they can be given safely without the need for laboratory monitoring, may replace the coumarins for the long-term treatment of thromboembolic disorders. To achieve these goals, these compounds need high, consistent oral bioavailability.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(5), 275-282, 2000-11-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  47件中 1-47件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008181187
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5539791
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ