高脂血症治療薬 Lipid-lowering drugs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 平川 洋次 HIRAKAWA Yoji
    • 九州大学大学院医学研究院循環器内科 Department of Cardiovascular Medicine, Kyushu University Graduate School of Medical Sciences
    • 下川 宏明 SHIMOKAWA Hiroaki
    • 九州大学大学院医学研究院循環器内科 Department of Cardiovascular Medicine, Kyushu University Graduate School of Medical Sciences

抄録

動脈硬化性疾患の予防において, 高脂血症治療の重要性が認識されるようになり, 多くの高脂血症治療薬が開発されてきた. 高脂血症治療薬は, HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)·陰イオン交換樹脂·ニコチン酸·フィブラート系·probucolなどに大別されるが, 中でも, 三共が世界に先駆けて開発したpravastatin(メバロチン<SUP>®</SUP>)に代表されるHMG-CoA還元酵素阻害薬の開発は, それまでの高脂血症治療に大きな変革をもたらした. 現在においても, pitavastatinやrosuvastatinなどの新しいHMG-CoA還元酵素阻害薬が開発の途中にある. それ以外にも, フィブラート系のgemfibrozilなどすでに海外で高い評価を得ているものに加えて, ACAT阻害薬であるF-1394·CS-505ならびにLPL活性化薬であるNO-1886など, 我が国で新規に開発された薬剤も続々と登場しており, この分野では我が国が世界をリードしているといっても過言ではない. 本稿では, 現在我が国で開発中の新しい高脂血症治療薬について概説する.

Accumulating evidences in recent major clinical studies have shown the importance of anti-hyperlipidemic treatment in preventing atherosclerotic cardiovascular diseases. Lipid-lowering drugs can be divided into HMG-CoA reductase inhibitors (statins), bile-acid sequestrants (resins), nicotinic acid, fibrates and probucol. Among them, statins had revolutionary impact on the treatment of hyperlipidemia since pravastatin, which was developed in Japan, was launched in 1989. Several lipid-lowering drugs are now under development in Japan, including pitavastatin, rosuvastatin, F-1394 (ACAT inhibitor), CS-505 (ACAT inhibitor) and NO-1886 (LPL activator). In this review, characteristics of these new lipid-lowering drugs will be discussed.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 118(6), 389-395, 2001-12-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008181492
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5995094
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ