NO作動性神経と勃起障害 Nitroxidergic (nitrergic) nerve and erectile dysfunction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

多くの臓器機能がノルアドレナリン作動性神経とコリン作動性神経による拮抗的二重支配によって生理的調節を受けている.しかし,陰茎海綿体を含む血管系においては,収縮神経であるノルアドレナリン作動性神経に拮抗的支配を行っているのはコリン作動性神経ではなく,非アドレナリン性,非コリン性(NANC)神経と考えられてきた.陰茎海綿体を支配するNANC神経が一酸化窒素(NO)作動性神経であり,同神経の興奮により活性化した神経型NO合成酵素が,NOを合成する.同神経から遊離されたNOが海綿体平滑筋細胞内の可溶性グアニル酸シクラーゼを活性化し,上昇したサイクリック(c)GMPにより海綿体平滑筋は拡張し,流入した血液の充満により勃起が生じる.海綿体内の血液量を調節する海綿体動静脈にもNO作動性神経が分布し,その機能の強さが海綿体>動脈>>静脈であることも勃起の発生に役立つかもしれない.したがって,海綿体洞への血液流入を妨げる動脈閉塞や海綿体や支配動脈を拡張するNO作動性神経機能の低下は,勃起障害(Erectile Dysfunction: ED)の原因となりうる.ただし,海綿体および血管内皮に存在する内皮型NO合成酵素によって合成されるNOも,勃起機能に一部関与する可能性がある.選択的ホスホジエステラーゼ5型(PDE-V)阻害薬であるバイアグラ(Sildenafil)は,主として神経由来のNOにより産生されたcGMPの分解を抑制し,EDを改善する効果があると考えられる.勃起機能の体系的な研究を通して,より選択的で安全なED治療薬の開発が望まれる.<br>

In vascular tissues including the corpus cavernosum, the organ function is reciprocally regulated by noradrenergic and non-adrenergic, non-cholinergic (NANC) nerves. NANC nerves innervating the corpus cavernosum is thought to be nitroxidergic (nitrergic) nerves which liberate nitric oxide (NO) produced by neuronal NO synthase, and liberated NO activates soluble guanylate cyclase (sGC) in cavernous smooth muscle cells. Intracellular increase in cyclic (c) GMP by activation of sGC dilates cavernous smooth muscle and then induces penile erection. Nitroxidergic (nitrergic) vasodilator nerves also innervate cavernous arteries and veins which regulate the blood volume in the corpus cavernosum. The order of potency of nitroxidergic nerve functions in these tissues (cavernosum>artery>>vein) may be suitable for producing the erection. Therefore, obstruction of the arteries and impairment of nitroxidergic (nitrergic) nerve function are speculated to be one of the causes for erectile dysfunction (ED). On the other hand, NO derived from the cavernous endothelium may partly contribute to erectile function. Sildenafil (Viagra) is one of the potent therapeutics for ED. The agent is a selective phosphodiesterase type 5 (PDE-V) inhibitor that inhibits degradation of cGMP elevated by NO mainly derived from the nerves. To develop more selective and safer therapeutics for ED, further systematic investigations are required.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 119(1), 21-28, 2002-01-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  39件中 1-39件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008181659
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6026776
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ