ブラジキニン受容体拮抗薬の開発現況と今後の展開 Bradykinin antagonist: current status and perspective

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

カリクレイン-キニン系は循環調節,炎症·アレルギー,痛み,ショック等において多くの生理的,病態生理的役割を果たしていると考えられている.キニンの受容体にはこれまでにB1およびB2の2種類が知られており,ブラジキニン(BK)をはじめとしたキニンはそれらの受容体を介して作用を示す.B2受容体は多くの組織において恒常的に発現されており,キニンの大部分の生理学的活性を媒介していると考えられている.一方,B1受容体は炎症反応や組織傷害等により発現が誘導され,炎症反応の維持やそれに伴う痛みに関与していることが示唆されている.B2受容体に対する拮抗薬の研究はBKのペプチドアナログから始まり,最近では非ペプチド性拮抗薬に主流は移っているが,臨床試験結果が開示されているのはペプチド性拮抗薬NPC567,CP-0127とHOE-140の3剤である.これらの薬剤は,鼻炎,気管支喘息,全身性炎症反応症候群(systemic inflammatory response syndrome: SIRS)·敗血症,外傷性脳傷害等で評価され,ある程度BKの関与について示唆する役割を果たしたが,いずれも治療薬として期待されたほどの作用を示したとは言えなかった.また,いずれの試験についても,拮抗薬としての効力や試験時の投与用量·用法に関してB2受容体拮抗薬の力量を充分に判断できる試験であったかどうか,疑問が残されている.今後は新しく見出された拮抗薬を中心に,これら既存の適応症に対する有効性に関して結論が出されるとともに,これまでに試されてこなかった適応症に対しても可能性を確かめられることが望まれる.B1受容体拮抗薬については未だに臨床評価されたものはないが,ペプチドタイプ拮抗薬やB1受容体遺伝子KOマウスでの検討によりその役割が明らかにされつつあり,今後のさらなる研究の進展が期待される.<br>

The kallikrein-kinin system plays an important role in many physiological and pathophysiological conditions such as homeostasis of circulation, inflammation/allergy, pain, shock, etc. Two types of kinin receptor are known, bradykinin (BK) B1 receptor and BK B2 receptor. B2 receptors are constitutively expressed and mediate most physiological actions of kinins, whereas B1 receptors are highly inducible upon inflammatory stimulation or tissue injury, suggesting that they are involved in inflammation and/or nociception. Only three peptide type B2 antagonists, NPC 567, CP-0127 and HOE-140, have been evaluated in clinical studies so far, and some beneficial effects of B2 antagonists have been shown for rhinitis, asthma, systemic inflammatory response syndrome/sepsis and brain injury. However, the results were less convincing than expected. Now several potent and orally active nonpeptide B2-receptor antagonists have been found, which are expected to overcome the weak point of the peptide type antagonists and clarify the therapeutic potential of the B2-receptor antagonist for novel indications as well as those mentioned above. As for B1 receptors, no antagonist has been tested in a clinical trial. The important role of B1 receptors is just being elucidated by use of peptide type antagonists or B1 receptor gene knockout mice. The further development of newer B1 antagonists and clinical evaluation is desired.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 119(1), 45-53, 2002-01-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  73件中 1-73件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008181757
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6026847
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ