低カルシウム飼料飼育ラットの骨強度低下に対するビタミン K_2 (メナテトレノン) の効果 Vitamin K_2 (menatetrenone) treatment increased bone strength in rats given low-calcium diets

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Sprague-Dawley系4週齢雄性ラットを用いて2つの実験を行った.実験1ではカルシウム(Ca)不足による骨量減少病態の作製を検討した.ラットを0.05,0.1,0.2,0.5および1.16% Ca含有飼料で3週間飼育することにより,飼料中のCa量の低下に対応した大腿骨乾燥重量の低下が認められた.0.05および0.1% Ca群では1.16% Ca群に比して体重,骨長,血漿中Ca値の低下と血漿中アルカリホスファターゼ活性の上昇が観察されたが,他の群ではこれらの項目の変化は認められなかった.すなわち,体重および血漿中成分に影響を与えず,骨量を減少できる飼料中Ca量として0.2%が適量であることが明らかとなった.実験2では低Caラットでの骨強度低下に対するビタミンK<SUB>2</SUB>(メナテトレノン,V.K<SUB>2</SUB>)の効果を検討した.ラットを0.2% Ca飼料で3週間飼育し,さらに3または6週間これらのラットを0.2または0.5% Ca飼料で飼育し,同時にV.K<SUB>2</SUB>を混餌投与した.0.2% Ca群の大腿骨および腰椎の骨塩量,骨密度は0.5% Caで飼育した同週齢正常群に比し3および6週後いずれも有意の低値を示し,0.2%から0.5%に飼料中Caを回復させた群ではいずれの項目も経時的に急速に上昇した.また,大腿骨3点曲げ試験および腰椎圧縮試験による骨強度も骨密度と同様の変化を示した.この病態に対するV.K<SUB>2</SUB>の効果は大腿骨においては骨塩量,骨密度および骨強度のいずれも認められなかったが,腰椎では0.5% Ca V.K<SUB>2</SUB> 3週投与群および0.2% CaV.K<SUB>2</SUB> 6週間投与群のいずれも圧縮強度の有意な改善を示した.0.5% Ca回復群6週後の腰椎の骨塩量と投影面積に対してもV.K<SUB>2</SUB>群は改善傾向を示した.以上の結果よりV.K<SUB>2</SUB>は椎体の骨強度に対し有用な作用を持つことが示唆された.

Two experiments were carried out in 4-week-old rats. First, the effect of dietary calcium (Ca) content (0.05, 0.1, 0.2, 0.5 and 1.16%) on bone loss was assessed for 3 weeks. Dry weight of the femur showed a Ca-content-dependent decrease. Significant decrease in body weight and plasma Ca level was observed in the 0.05 and 0.1% Ca diet groups, but not in other groups. Second, the curative effect of V.K<SUB>2</SUB> on bone strength was examined. After being fed a 0.2%-Ca diet for 3 weeks, rats were fed 0.2% or 0.5%-Ca diets for the next 6 weeks with or without V.K<SUB>2</SUB> treatment. At the beginning and after 3 and 6 weeks of treatment, femurs and lumbar vertebra (L3) were collected. In the 0.2%-Ca group, bone mineral density (BMD) and bone strength in the femur gradually increased, but were much lower than those in the intact group. In the 0.5%-Ca group, both parameters in the femur and L3 were rapidly increased. V.K<SUB>2</SUB> treatment did not affect the BMD or bone strength in the femur at either point. However, the bone strength in L3 in the V.K<SUB>2</SUB> group was higher than that in the 0.5%-Ca group at 3 weeks and in the 0.2%-Ca group at 6 weeks than that in the respective control group. These findings suggest that V.K<SUB>2</SUB> has curative effect on bone strength in the vertebra.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 114(5), 303-313, 1999-11-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008182372
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    4887371
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ