損失に対する主観金額を考慮した地震保険の最適化 OPTMIZATION OF EARTHQUAKE INSURANCE CONSIDERING SUBJECTIVE LOSS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

保険による損失移転の範囲は免責と支払い限度により設定されることが一般的である. 本論文は, 被保険者にとって最適な地震保険の評価方法を示した. この方法は, 地震損失の確率関数を評価することで, 免責と支払い限度にもとづく被保険者および保険会社の損失を定量的に示すことができる. また, 評価方法は, 損失に対する主観金額を考慮することで, 被保険者が許容できる保険料の条件を示すことができ, その条件で損失が最小となる免責および支払い限度を評価するものである. 適用性の検討と地震保険の効果は, 事務所ビルを対象とした数値解析により示した.

In this paper, a method of optimization of risk transfer due to earthquake insurance is proposed, which is aimed to be used for a countermeasure of disaster prevention. In this method, a risk is defined by annual expected loss considering a coverage of insurance and an acceptable premium. The coverage of insurance is determined by deductible and limit, and the loss of insured and insurance company can be evaluated in probability mass function with its coverage. Also the acceptable premium can be provided by the function of loss considering subjectivity of decision-makers. The optimal risk transfer is showed by deductible and limit which minimize the risk of insured. The effectiveness of risk transfer and the validity of the proposed method is demonstrated through the numerical example.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 703, 203-210, 2002-04-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008219971
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6155595
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ