桁衝突および落橋防止装置の効果に関する模型振動実験および解析 SHAKING TABLE TEST AND ANALYSIS OF A MODEL BRIDGE FOR IDENTIFYING THE EFFECT OF POUNDING AND RESTRAINERS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では, 模型振動実験によって桁間衝突や圧縮側緩衝装置, 桁間連結装置の影響を含んだ実験データを提供すると同時に, これを動的解析によって再現し解析精度の検討を行った. 本文に示した実験および解析結果から, 模型橋の固有振動特性と減衰特性, 圧縮および引張側の緩衝装置の剛性が正しく推定されていれば, 衝突ばねを用いて桁間衝突の影響や桁間連結装置を含む模型橋の地震応答特性を工学的に十分な精度で推定できることがわかった.

This paper presents a series of shaking table tests of a model bridge to identify the effect of pounding and restrainers. The model bridge was of two span steel decks supported by steel columns. Rubber shock absorbers and cable restrainers were provided at the ends of decks to mitigate the pounding effect. The decks were excited by a shaking table. The test result that presents the effect of poundings between the decks and cable restrainers was analyzed by a nonlinear dynamic response analysis. The impact spring was used to idealize the pounding effect. It was found that good agreement was obtained by the analytical simulation.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 703, 221-236, 2002-04-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008219996
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6155635
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ